February 05, 2012

ワットチェッカーとか無線LANとか

買ってみた



無線LANは

Amazon.co.jp: BUFFALO 11n/g/b対応 ハイパワー無線LANルーター WZR-HP-G302H/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]: パソコン・周辺機器

ワットチェッカーは

Amazon.co.jp: サンワサプライ ワットチェッカーplus TAP-TST7: パソコン・周辺機器

無線LANは

MacBook Airとスマホくらいしか使ってないし

わざわざ買い換える必要もなかったんだが

有線Gigabit対応が欲しかったので買ってみた

あとから考えれば

Gigabit対応有線ルーター買えば良かったんじゃないかとも思ったが

まぁいいか

実効速度は10MB/s程度から55MB/sくらいまで伸びた

満足

これって1000Mbpsまで出るはずだけど

片道500Mbpsずつなんかな?

そこらへんよく分かってなかったけど

まぁ速くなったしいいかな

ただ1つ後悔したのが

MacBookが5GHz帯でしか300Mbpsの通信に対応してなかった

MacBook Airでそんなにローカルでのやり取りするわけじゃないけど

せっかくだし5GHz帯対応してるの買えば良かったなー



ワットチェッカーは主にサーバーとして稼動させてるサブPCの消費電力とか知りたかったから

とりあえずメインのPCに使ってみたら

200W程度

Prime95ぶん回して300W

3DMark11ぶん回して350W

くらいかな

温度はこんな感じ

温度

やっぱGPU相当食うみたいだね

それでもハイエンドと比べたらマシな方だろうけど

Primeずっと回してたら70℃行くかも?

そんなにCPU負荷が続くことないから

別になんでもいいけどw

お次は本題のサブPC

起動時は200Wくらいまで行ったが

放置してたら130Wくらい

しかしこれを常時起動してると

月1800円くらい行くみたいですね

電気代計算シミュレーターで電気代を計算してみましょう

50Wくらいまで抑えられないものかねぇ

ちなみにMacBook Airで測定してみたら

0Wのままだったw

よく分からん

oka_ken at 08:47コメント(0)ガジェ  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
ぶろぐないけんさく
あ〜かいぶ
  • ライブドアブログ